占いで未来が見える【僕私達はこれで運命を切り開きました】

古くから愛されている

今後の動向や予測について

占いは古くから日本人に非常に愛されてきたものです。昔は科学技術などが全く開発されず、人間や自然現象が様々な情報を作り出し、それを人々に伝えていたのです。太鼓の昔の日本にとって天気予報を知ることは五穀豊穣のために非常に重要なことでした。その天気予報を霊脳師と呼ばれる人が透視して天気を予測し、予報として多くの人に情報を流していたのです。的中率の高い霊能師はやがて国政を預かるまでになり、昔は超能力や霊視に長けた人は暗いが上がっていく時代もあったのです。現代では国政を預かることは少なくなったものの、多くの人に占い鑑定は信じられ、それを生活指針にする人も多いのです。また占い鑑定の方法も対面式の鑑定だけにとどまらず、様々なものが見られるのです。

例えば電話占いと言うものは現代社会を象徴する占い鑑定であると言えるでしょう。日本人のほとんどがスマートフォンや携帯電話を持っており、自分が好きな場所から好きな時間だけ電話をして鑑定してもらうことが可能なのです。電話占いは入院中、子育て、介護生活、残業で徹夜続きの人でも気軽に利用することができるのです。そのため幅広い層の人に電話占いは鑑定のチャンスを与えるものになりました。最近では通話料を無料にしてフリーダイヤルで鑑定できるところも多くなっており、低所得者でも気軽に相談することが出来るようになっているのです。特に高齢者の独居が多くなっており、寂しさを癒すために電話占いを利用する人も多くなっているのです。今後ますますこうした状況は増えていくことが予測され、現代人の心のよりどころとなるでしょう。